交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル交通事故専門行政書士への電話相談付き【緊急告知!示談交渉中の方へ】
まだ示談交渉中なら、販売終了前にすぐご覧下さい!
↓↓
交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル
交通事故専門行政書士への電話相談付き


慰謝料が数十万も多く貰える可能性があります!


Top >  後遺障害等級認定は誰がやる? >  後遺障害等級認定は誰がやるのか?

後遺障害等級認定は誰がやるのか?

まず、後遺障害の説明をします


交通事故に遭い、怪我の治療を受けるわけですが

怪我の治療が終わっても、膝が曲がらないとか

痛みがある神経症状が残る、傷跡が残った、

または手足を切断したなど、


これ以上、治療しても改善されない障害(症状の固定)の事を

「後遺障害」といいます


この後遺障害の認定は一体誰が行なうのでしょう??


■後遺障害等級認定をする機関


等級は、後遺障害別等級表によりご自分で

確認できますが、

では実際に判定・決定をするのは、誰なのでしょうか?


医師?

保険会社?

弁護士?


どれも違います。


等級の判定は主に

損害保険料率算出機構(略称 損保料率機構)に属する

自賠責損害調査センター調査事務所が認定します


昔は「自算会」と呼ばれていました

この機関は、各保険会社のOBで構成されている機関です


保険会社のOBで構成さているので、保険会社の味方じゃないのか??

と思いますが、仕方ありません。

どうも納得はいきませんが・・・。


ただ、私も何度か電話したことがありますが、

意外と親切・丁寧に対応していましたよ

本音かどうかはわかりませんが。


申請の流れは「加害者の自賠責保険会社」に

書類を渡して、それが「自賠責損害調査センター調査事務所」へ

渡り、審査が始まります


審査結果が出るまで

おおよそ、1ヶ月から2ヶ月掛かります


■等級認定の異議申し立て


一度、等級を認定されれば、それを覆すことは

容易ではありません


しかし、納得いかない場合もあるかと思います


その場合は、自賠責保険会社「異議の申し立て」を行います

こちらの書式は、特に決まっていませんので、

弁護士や行政書士の専門家と打ち合わせして申請しましょう


また、有料ですが異議申立書の作成をしてくれるNPO法人があります


「異議申し立て」の書類が、損害保険料率算出機構に申請され、

もう一度審議されます


しかし、それでも納得いく回答が出なかった場合は

訴訟(裁判)によって解決することになります


また、以下はすでに裁判を考えている方で、

あまりお金を掛けられない被害者の方に役立つ情報です

もう、泣き寝入りはしない!これが、【民事裁判をする方法】だ



あなたの動かないクルマ、買い取り査定をやってみませんか?

事故車だから…とあきらめていませんか
『査定依頼』は無料です
少しでも高く買い取ってもらえますよ

(自走可能な車はこちらから)
あなたの愛車は今いくら?



         

後遺障害等級認定は誰がやる?

関連エントリー

後遺障害等級認定は誰がやるのか?




管理人おすすめサイト
自動車保険を検討されている方から、お礼を言われるサイトです
↓↓
私が、自動車保険 を変えた理由

交通事故の示談交渉で負けないための知識 より抜粋

最近の出来事
自動車保険の更新依頼が来ました

自動車保険の満期って早いですよね・・・。1年なんてあっという間です

今日、ポストに更新の案内が来てました。無事故だったのもあって去年より1万5千円程安くなっていました

合計で8万円程です

昔は、自動車保険は高かったのですが、今は、ネットから申し込んだり、いろんな細分化特約などを組み合わせると安いので助かりますね

例えばここ
15社まとめて無料一括見積もり!

で、気づいたんですが
最近の保険っていろんな特典が付いてますね

例えば、ホテルの割引
レンタカーの割引、レジャー施設の割引からピザの割引まで・・・

株主優待みたいな感じです
という事で、今年も同じ保険会社で更新しました

保険は忘れず、
早めに更新しましょう(^^)

管理人お気に入りサイト